雛人形を人形作家で比べる

雛人形を人形作家で比べる

有名な人形作家が作る雛人形は、芸術の域に達しており、ブランド品の様に名前で購入される方も多くいます。ここでは人形作家から雛人形を比べられます。

頭師
『お人形は顔が命』と言われるように、雛人形の中で一番大切な部分を制作するのが頭師です。木目込み雛人形と衣裳着雛人形では製作工程が異なりますが、頭(お顔)の制作には、それぞれにかなり高度な技術が必要とされます。

原孝洲

雛人形 制作 原孝洲

制作 原孝洲

純真無垢の赤ちゃんのお顔を基本とした、かわいいお顔を制作しています。赤ちゃんがお母さんから生まれて、そっと半眼を開いたような初々しいイメージで描く目に特徴があります。文部省から「無形文化財」に指定された技術を受け継いでいます。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

赤松 勝己

雛人形 制作 赤松 勝己

制作 赤松 勝己

仕事歴42年のベテラン頭師を岳父に持つ、2代目頭師。思わずそっと手を触れたくなるような、 見ていて和やかな気持ちになる人形づくりが特徴。より豊かな表情を出すために、骨格や筋肉の動き、肌の感触に至るまで徹底的に研究を重ねる若手頭師の精鋭です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

ふらここ雛人形ページ

人形師
雛人形はすべて手づくりなので、人形師の腕の良し悪しが、お人形の「作りの良さ」を決定します。また、人形師ごとに独自の作風があり、お人形の味わいが違ってきます。現在では、雛人形は部品ごとに分業で作られていますが、本来は完成品までのすべての工程を制作できる作者が人形師です。

原孝洲

雛人形 制作 原孝洲

制作 原孝洲

純真無垢の赤ちゃんのお顔を基本とした、かわいいお顔を制作しています。赤ちゃんがお母さんから生まれて、そっと半眼を開いたような初々しいイメージで描く目に特徴があります。文部省から「無形文化財」に指定された技術を受け継いでいます。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

芹川英子

雛人形 監修 芹川英子

監修 芹川英子

人間国宝 平田郷陽氏に師事。以後、意欲的に創作活動を続ける創作人形作家です。日本工芸会正会員。創作人形作家の重鎮として、若手作家の育成にも広く門戸を開放しています。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

久月ホームページ

人形デザイナー
雛人形制作の最もクリエイティブな仕事を担当するのが人形デザイナーです。お顔やボディのデザインから始まり、飾り台や屏風などのコーディネートに至るまで、人形制作の全般に携わる高度な技術と感性が必要とされる仕事です。

原 英洋

雛人形 制作 原 英洋

制作 原 英洋

人間国宝である人形師 原 米洲を祖父に持つ若手の人形デザイナー。母親は、女流人形作家の原 孝洲。見る人の心にそっと笑みを誘うような、かわいらしい赤ちゃん顔の人形制作が特徴です。若手の人形師たちを結集した『工房ふらここ』を主宰。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

ふらここの雛人形ページ

木目込み師
木目込み雛人形の衣裳を木目込む作者が木目込み師です。ボディの生地づくりから始まり、彫塑、筋彫り、木目込みまでの工程を担当し、木目込み雛人形の品質を左右する高度な技術が必要とされる仕事です。

松永 隆志

雛人形 制作 松永 隆志

制作 松永 隆志

人形づくりのメッカ岩槻で生まれ育ち、親族の多くが人形づくりにたずさわる中で、木目込み人形づくり一筋に打ち込んできた人形師。卓越した技術力とていねいな仕事から生み出される作品は、見る人の期待を決して裏切らない、現代の名工です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

ふらここの雛人形ページ

着付師
衣裳着雛人形の着せ付けをする作者が着付師です。衣裳着人形の場合、衣裳の着せ付けの良し悪しが、雛人形の「作りの良さ」を決定します。また、衣裳着人形は絢爛豪華なお衣裳が特徴なので、着付師には高い感性が要求されます。

小倉草園

雛人形 着付 小倉草園

着付 小倉草園

細部にまで妥協を許さない入念な手仕事には定評があり、仕立ての精巧さでは、群を抜いた技量の持ち主。円熟の技から生まれる作品は、それぞれに決して飽きさせない魅力を漂わせる、着付師きっての技巧師。心技ともに卓越した、現代の名匠です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

清水三喜

雛人形 着付 清水三喜

着付 清水三喜

華麗でおおらかな作風を持ち味とし、雛人形着付師の重鎮として不動の地位を確立した名匠。円熟の技から生まれる作品は、それぞれに決して飽きさせない魅力を漂わせています。精緻(せいち)に仕上げた作品は、見る人の期待を決して裏切らない精巧さです。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

神田佑吉

雛人形 着付 神田佑吉

着付 神田佑吉

伝統の美しさと新しい美意識を巧みに融合させた作品は、見る人が賞賛を惜しまない奥深い魅力を秘めている。格調高く、気品に満ちた雛人形づくりが特徴。繊細な美意識を感じさせる、才気あふれる人形作家です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

幸一光

雛人形 着付 幸一光

着付 幸一光

常に新しい作風を追い求め、斬新(ざんしん)な作品を創作し続ける若き人形作家。その繊細な美意識は、幽玄な趣(おもむき)を湛(たた)えた独特な世界を創り出します。見る人の期待を決して裏切らない、入念な仕事が信条です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

小出松寿

雛人形 着付 小出松寿

着付 小出松寿

「日本古来の伝統に現代の感性を巧みに織り込み、日本文化を鮮やかに表現したい。」という想いが、小出 松寿の飽(あ)くなき創作意欲の源泉です。素材の一つひとつに吟味を重ね、昔ながらの伝統技法を駆使(くし)してつくり上げる作品には、定評があります。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

岡田ひろみ

雛人形 着付 岡田ひろみ

着付 岡田ひろみ

父である槙野 巧雲氏に師事し、京雛を制作しています。京都の女性ならではの雛作りを追求し、特に西陣の金襴に対しては深い造詣をもっています。 京の色合い、京の雅び、作者のこだわりの結晶である雛の姿に、京文化の神髄を感じます。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

吉徳大光ホームページ

柴田家千代

雛人形 着付 柴田家千代

着付 柴田家千代

名古屋人形界の重鎮である母・柴田 鋤(すき)氏のもとで雛人形を制作しています。日本の伝統古典美を忠実に再現しつつ、色彩豊かに現代的感覚を取り入れ、格調高く斬新な雛人形づくりが特徴です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

吉徳大光ホームページ

清水久遊

雛人形 着付 清水久遊

着付 清水久遊

優雅で洗練された平安美を求め、日本古来の文様柄を使い、歴史に忠実な色合いをモダンな感性で復活させています。伝統と新しさの融合、それが清水 久遊の人形づくりのテーマです。それはクラシカルエレガンスと呼ぶにふさわしい、新しい雛人形のかたちです。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

原孝洲ホームページ

吉徳大光ホームページ

樋泉円

雛人形 着付 樋泉円

着付 樋泉円

着付師 津田蓬生氏に師事し、雛人形を制作しています。本仕立ての衣裳を立ち姿の人形に着せ付け、これを座らせる非常な手間と技術を要する制作技法に特徴があります。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

吉徳大光ホームページ

三木康子

雛人形 着付 三木康子

着付 三木康子

関西衣裳着人形作家の第一人者、小出 愛氏に師事し、雛人形を制作しています。「和」の持つ直線の広がり、「洋」の丸み、これに立体の厚みをプラスした、暖かさの中にも風格ある優しい雛人形作りが特徴です。

この作家の雛人形は下記の専門店で取り扱っております。

吉徳大光ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする